スチールドアと鉄製ドア枠の組み合わせは、
とくに外壁側では一般的です。
建ててから十数年たっている建物のドアは、
得てして劣化が激しくなっています。

ドアを閉めてロックするラッチの枠の受け部分。
ここの固定が甘くなってキチンとはまらずドアに引っかかることはよくあります。

通常というかまともな修理としては、
タップを切り直してサイズを大きくしたビスを使って止め直しますが、
早急に簡易的に治す方法として、
木製品で使う「爪付きナット」が重宝します。

受けを固定する部分の、
ネジ山がダメになった個所の裏側に爪付きナットを、
平らな部分に両面テープで貼り付けます。
そのまま受け金物を取り付けて仮に固定ができるわけです。

あくまで仮対応なのでタップ切り直しなどでの施工は後々必要にはなります。