うちのディンゴGF-CQ2Aは相当古い車です。
20年物です

運転席側ドアのリモコンが効かなくなったので、
ドアロックを解施錠するための部品。
アクチュエーターの交換を行いました。

リビルトといって解体車などから外した部品を整備して販売されている品物です。
モノタロウで1万4000円で新品がありますが、
リビルト品2000円の物を買いました。
(送料別)

ドア内張を剥がした後にまず電源コネクターを抜きます。
次にドアハンドルと繋がっている、、、、、棒(笑)を外します。

2019-09-08 09.28.10











2019-09-08 09.36.21










2019-09-08 09.36.48











緑のプラパーツを壊さないように写真のようにクルっと回して棒を引き抜きます。
似たようなのがアクチュエータ本体にもありドアノブと繋がってますから、
これも抜きます。
ドアノブと繋がっているワイヤーも、同じような部品で固定されているので、
これも回してワイヤーを抜きます。

アクチュエータ手前に窓のレールがありこのままでは外せないので、
レールを固定しているボルトを外してレールを外します

2019-09-08 10.46.39












2019-09-08 10.47.02











2019-09-08 10.47.06











アクチュエータ本体はドア側面に平ビス3本で固定されているのでこれを緩めます。

2019-09-15 10.43.53











一気に外すと部品がドアの中に落ちるので、
3本緩めてからは片手で部品を持ちながら外しましょう。
当たり前ではありますが念のため。

あとは逆の順番で交換していけばオケ。

さて全部組みあがって内張はまだ外したまま試験です。
なんと!
リモコンがまったく動作しません!!!
交換するまでは動いていた後部も助手席も動きません!!!

なんということでしょう!!!

原因は、、、
後部ハッチが半ドアでした。。。
あわゆくリモコンのリセットや、また分解やらをしてしまうところでした。
あぶねー。

あとは一部破いたビニールを(なるべく)綺麗に貼り直して、
内張を戻して完了です。

ちなみにレギュレータやアクチュエータもそうですが、
交換した元の部品は購入先に聞いたうえで送る必要がある場合があります。
うちのはまあ、需要が無いでしょうが、
古い車の部品は必要とする人がいますから、
リビルトの部品として送ることも考えておきましょう。