12Vの車載扇風機は普段は後ろに置いてあります。
移動中あまりにも暑いときは、
運転席と助手席のある前側に持ってきます。
といっても固定はクリップ式のため、
取付位置が限定されてしまいます。
助手席側のドア上にあるグリップしかありません。

なのでちょっと工夫して、
扇風機のクリップを逆側に使い、
切り取ったペットボトルに差し込みます。
そして差し込んだペットボトルのまま、
前側にあるカップホルダーに差し込めば、
運転手と助手席側と、
両方に扇風機の風が行くようにできます。

この部分がクリップになっていて、
普通はどこかに挟んで固定なんですが、
前面での固定がうまくいきません。

fun04

では挟むのではなく、
どこかへ差し込んだらどうだろうか。
という事で、
クリップ部分を逆に使って、
クリップを握って細めてから、
カットしたペットボトルに差し込みます。

fun05

その後そのままカップホルダーに突っ込んで、
角度を調整して完了。

fun06

これでエアコンだけではまだまだ暑いとき、
前面に付けた扇風機で冷却効果増強になります。

これは実はかなり効果あって、
エアコンだけでは暑くてかなわない時に使うと、
ちょっと寒いかなくらいに効果あります。

また旋回しないように後ろ向きに固定しておけば、
後席へ人を乗せた時に後席へ風を送るのにも役立ちます。