自分の履歴と他の人の参考になればと、
今年に入ってから異常に病院通いになった自分の履歴を書いてみます。
2017年夏か秋ころ?
逆流性食道炎発症
胃カメラ検査で逆流性食道炎と診断 服薬と食事制限で落ち着く
2018年 2月2日 インフルエンザB発症
インフルエンザの後に風邪をひいて
元々鼻炎でいつも片側が詰まっていた鼻つまりがかなりひどくなったため
2月24日鼻炎-レーザー治療実施
元々鼻の奥が狭いため完全開通にはならず

4月頃 軽いめまいを発症
視線が定まらずパソコン作業時にふらつきが起きるようになりました
脳神経外科でMRIとレントゲン検査実施
細くなっている血管2本あるが緊急性なし
めまいの原因はストレートネックとの診断
2種類の薬服用と
ストレートネックを矯正する方法で 5日ほどで落ち着く

このとき行った矯正とは
背筋を伸ばし顎を引いて 手で顎を後ろ方向に押す方法です

4月
寝つきが悪く睡眠不足気味になったため
自己判断でブロチゾラム0.25mgを処方してもらい
さらにそれを半分にしたものを毎晩服用開始

6月
逆流性食道炎再発
これはちょっと食べすぎたのが原因でした
ここから1ヶ月程度、薬服用に加え 朝はバナナ1本、昼は握り飯2個、
夜はおかゆと白身魚と鶏肉の煮物 1ヶ月程度で落ち着く

8 月10日
仕事中に軽い熱中症になる

8月27日
埼玉で墓参り中に軽い熱中症になる

8月30日
起床時に突然めまい発生
起き上がるときに平行感覚がなくなり 5秒~10秒起き上がれなくなる
これが今回長く続いて会社を休みがちになる病の始まりです

この頃はまだ、朝と後はときたま平衡感覚が無くなるめまいがある程度で
今のような一日中継続してふらつくような症状ではありませんでした

さて症状です
起床時と日中や横になるとき 上を向いたり首が左に下がる、横になる等でめまいが起きる
このめまいは平衡感覚が無くなる状態になり
寝ていた状態から起き上がる途中で壁に手をつき中腰になり
そのまま5秒~10秒程度で落ち着きます
寝るとき、起き上がるとき、上を向いたときに主に起きていました
そして耳鼻科に行き処方された薬4種類を服用開始

9月中、下旬頃から
日中に徹夜明けのような感覚になり始める
身体全体に違和感がある程度ではあるが軽微
10月中頃から 日中に徹夜明けのような状態が強くなり始める
ふらつき、睡魔、目を開けるのが辛くなる
午前中に具合が良くても午後になり ふらつきが悪化し
軽いが冷や汗頭痛が起き 立っていられなくなり床に横たわり休むこともあり

10月末
元々の、平衡感覚が無くなるめまいは軽微ながら継続 しているが
最初よりはかなり軽くなってきている
元々は平均6~7時間睡眠だったが 7~8時間寝るように心がけるようにするが
起床後も日中に徹夜明けかのようなふらつきと、ときたま起こる軽い頭痛
目がしょぼつき開けているのが辛い
首の後ろの圧迫感あり

この圧迫感ですが
胸ポケットには手帳とスマホと会社携帯を入れてある服を着ています
もう十年以上このスタイルですが
今まで違和感、圧迫感を感じたことはありませんでした
ですが10月になってから襟が首を押している圧迫感がひどくなってきました

他に気づいたことは
昨年と比較すると指のカサツキがひどい
数か月前との比較として便に粘りあり
そして一時期で今はありませんが
今まで感じなかったテレビをまぶしいと感じる期間が2週間ほどありました


耳が原因という前提で医者通いをしていましたが
もらっている薬を飲み始めてから前述の 徹夜明けかのような症状が出るようになったため
もらっていた薬をいったんやめて近くの総合病院へ行ってみました

耳鼻科からの紹介状であるためもあり 最初は耳鼻科へ通され
毎度の聴力検査を行いました

結果として若干の聞こえの悪さはあるけれど 決定的な原因とは思えないとのことなので
さらなる検査を希望してMRIへ 頭部MRI検査を行いましたが
これも異常は見受けられず


ここで頭に来たのですが
この2つの検査で異常がないため
今までの薬を服用して経過観察だという説明

おいおいおいおいおいおい
初期のめまいから悪化してるから
薬を疑い始めて 服用止めて
別の原因を探るためにわざわざ「総合病院」に来ていると説明したろう

特定出来ないなら次に別の科での検査とかの発想にはならんのか
この若い女医は

結局こちらから再度その説明をして
(ポカーンという顔をされましたが)
ストレスからくるメンタル的な心療内科とか
肩こり、血流とかの外科的要因とか 調べられるでしょう
という話をこちらからして やっと次の検査というか診察である 心療内科での診察になりました

しかも4日も後

やれやれだぜ。