クウにょさん日記

日々の雑記と備忘録と仕事とお金

レーザーでアレルギー性鼻炎を治療。 8日目1週間経過。

アレルギー性鼻炎のレーザー治療を行って本日で丸1週間経過。
朝起きたときは左が完詰まり。
起床後まもなく左から右へ移動。
ネーザルサイクルの都合でしょう。

水のような鼻水は垂れてきますが通りはかなり通っています。
左開度100パーセント。
右開度60パーセントって感じ。

術後は2~3日に1度通院と言われてましたが、
詰まっているのが嫌なので結局毎日通院して吸引してもらってました。
明日日曜日はお医者さんも休みなので吸引してもらえませんから、
本日夕方5時までの診察に合わせてギリギリの時間に吸引してもらいます。
明日日曜日1日プラス月曜日の夕方までは吸引してもらえませんから。

掃除機を利用した自作吸引器を作ってはみましたが、
もしうまく起動したとしても鼻の奥の方は吸引出来ません。
奥の方で引っかかっている鼻水、カサブタ、膿みたいなものを吸引しないと結局スッキリしませんし。

ちなみに自作した吸引器がこれ。

鼻水吸引

吸った鼻水が掃除機に行かないように溜めるために途中にガラスビンを取り付けてあります。

ペットボトルでは負圧でへこんでしまうと考え、
負圧に耐えられるようにガラス瓶をつかいました。
先端には知り合いから貰った注射器の針を付けてあります。
この注射器は塗装関係で使うもので医療用のものではありません。
尖っておらず太いです。
医療用注射器の入手は難しいですがホビー用としてのものは普通に購入できます。
まあ、結局、せっかく作りましたが役にたちませんでしたが。

本日の先生はいつもの先生ではなかったのですが、
優しすぎな先生だったのでしょう。
吸引ノズルを奥まで突っ込んでくれませんでした。
奥までゆっこまれるとたしかに痛いです。
ハンパなく痛いです。
涙出ます。
ですがそのあとは奥の膿かなにかはスッカリ無くなりスッキリしていました。
今回は少し残ってしまいました。
明日と明後日が少々心配ではあります。

100均の泳ぐイルカの修理。

ゼンマイを巻いてお風呂で泳ぐイルカのおもちゃがあります。
100円です。

ゼンマイを巻いてもうごかなくなってしまったので分解してみました。
残念ながらゼンマイが切れてしまています。

イルカ01


うちにはおもちゃやぬいぐるみがたくさんあります。
一部レアで入手不可能な物もありますが、
大部分は同じ物がたくさんありますので「買い替え」ということは可能です。
ですが我が家に同居している「おもちゃやぬいぐるみの人たち」は、
同じような形ではあるけれど別人という認識ですので、
買換えという概念はありません。

そのぬいぐるみはそのぬいぐみだけ。
似ているぬいぐるみが他にもあるというだけで、
そのぬいぐるみはそのぬいぐるみただ一つです。

なものですから、
イルカくんも直してみることにしました。

ゼンマイはサビがひどく真っ黒でギアに固定する部分で破断しておりギアから外れています。

イルカ08
元が100円なのでゼンマイの素材は極めて劣悪な素材なのでしょう。
代替品が手に入れば交換しますが、
同じサイズのゼンマイの入手方法がわかりませんし、
張力の必要なゼンマイという特性上何かを再利用して手作りというのも難しいものです。
仕方ないのでこのゼンマイをリサイクルすることにします。

まずは真っ黒なゼンマイをペーパーで綺麗に磨きます。
磨いてわかりましたが精度かなり悪いです。
表面デコボコです。

イルカ05

ギアにはめこむ部分を曲げ直してはめ込めば良いのですが、
このままではまたサビてしまいます。
どぶ付け亜鉛塗装でもしようかと思いましたが亜鉛塗料がありません。
亜鉛塗料って結構高価でしてちょっと懐具合の予算的に無理です。
やむを得ず普通に塗装しました。
防触のためにハンダでコーティングっていうのも考えましたが、
コテでの加熱ではハンダが乗りません。
火であぶってみましたが簡単にはのりませんし、
あまりあぶりすぎると張力が変化してしまうのでこれもやめました。

イルカ07

組付けにはゼンマイの先端がギアに引っかかるように曲げるのですが、
曲げてみてビックリ。
ミシミシという感触が手に伝わってきます。
完全に板内部で破断の兆候が発生しています。
細かく位置替えしながら少しづつ曲げていきますが、
組付けてもおそらくしばらくすればまた破断すると思います。
ゼンマイが交換できないのでこれは仕方ありません。
このまま組付けていくことにします。

イルカ11

イルカ09

イルカ10

イルカ12

固定ビスの受け側も破断しているのでこれもくっつけます。
ここは瞬間接着剤でOK。

イルカ13

組付け完了。

イルカ14

ゼンマイ以外の部分ならなんとか治せるのに、
完全に治せないのが残念でなりません。
しばらくはゆっくりと泳いでもらうことにします。

レーザーでアレルギー性鼻炎を治療。 7日目

先週土曜日午後3時にレーザー治療を行い1週間。
本日の鼻はなかなかに通っています。
昼頃は右が開度20パーセント左が開度50パーセントというところでしょうか。
夕方になるとネーザルサイクルの都合でしょうか、
詰まっていた側が反転し、
右が開度100パーセント左が開度0パーセントという治療を受ける以前の症状になっています。

夕方の薬品塗布と吸引でいまは両側とも開度100!
通りが良すぎてスースーします。
むしろ少し痛いです。

昼間鼻をかんだ時にカサブタようなものが出ました。
少しづつ回復しているようです。

今のこのツーツーが明日も続けばよろしいんですが、
またたまるのかなぁ。

レーザーでアレルギー性鼻炎を治療。 6日目

昨夜は鼻の通りもよく安眠です。
本日の昼頃になるとつまりがひどくなり、
左が開度10%右が開度0パーセントとなりました。
水のようなサラサラの鼻水の垂れは出てきませんが、
奥の方でのカサブタのせいで詰まっているようです。
夕方の治療から2時間後の今は左が少し詰まり気味でも呼吸は楽です。

今回の件で知ったのですが、
二つの鼻の穴はいつも開度100パーセントで呼吸しているのではなかったのですね。

Googleで検索 ネーザルサイクル 

二つ穴のある鼻っていつも両方でスースー息をしていたのではないのですね。
鼻甲介という組織が片方づつ休憩して片方づつ息を通していたのですね。
知りませんでした。
それまでは奥が狭くなって奥の方で鼻水が溜まっているのだと思っていました。
(まあ、結果としてはそうなんですが)
そもそもが片方づつという息が通るのは体のシステム上不可欠な動きだったなんて。

当初は2日に1度と思ってましたが、
結局息苦しくて毎日吸引での通院です。
これからの人は毎日行くことも可能な日程を考えたうえで治療しましょう。
医者に行けなくて吸引が出来なくて次回の検診までのへたすりゃ1週間なんて、
地獄ですわ。

レーザーでアレルギー性鼻炎を治療。 5日目

本日で5日目になるアレルギー性鼻炎のレーザー治療です。
昨夜は久しぶりの安眠です。
でも就寝時は左、起床後は右が詰まりましたが。

けれど昼過ぎになると徐々につまりがひどくなり、
夕方には右は完全に、左は開度10パーセントくらいの開きの鼻になってしまいました。

夕方再度治療で吸引してもらいとりあえず軽くサッパリ。
今日はどうやら奥の鼻甲介辺りが腫れているようです。

また明日行かないとかな。

さて、
レーザーであろうとなかろうと、
かっさばく手術であろうとなかろうと、
治したいと思うようになってからの医療費ですが、
最初の診察と血液検査が7,150円
薬代が1,380円
血液検査結果が出てでの診察が610円
薬代が1,340円
次のレーザー治療費が9,160円
薬代が1,090円
日曜日1日お休みして、
3日目の診察が400円、
4日目の診察が400円、
5日目は進達が610円で薬代が1,380円。
本日までで以上合計23、520円となります。
最終的に3万円以下かそのくらいではないでしょうか?

病院によってこの金額にはバラツキがありますが、
おおよその参考にでもなれば幸いです。
ギャラリー
  • エアコン室外機へ暑さ対策をやってみました。(効果微々)
  • エアコン室外機へ暑さ対策をやってみました。(効果微々)
  • エアコン室外機へ暑さ対策をやってみました。(効果微々)
  • イオンカードセレクトでダイエーで日曜日に買い物最強説。
  • レーザーでアレルギー性鼻炎を治療。ハッカ油で少しでも呼吸を。
  • レーザーでアレルギー性鼻炎を治療。9日目
  • レーザーでアレルギー性鼻炎を治療。 8日目1週間経過。
  • 100均の泳ぐイルカの修理。
  • 100均の泳ぐイルカの修理。
PR
Amazon
Recommended
nend
  • ライブドアブログ