クウにょさん日記

日々の雑記と備忘録と仕事とお金と病気と盆踊り。

一之江フレンド公園盆踊り大会。

一之江フレンド公園の盆踊り大会予定です。

2019年(令和元年)7月26日(金)と27日(土)予定のようです。
土日じゃないんですね。

18時~21時半までのようです。

2019-07-13 11.40.47































場所はここ。


都営新宿線一之江駅から近いです。


さくら公園盆踊り大会。

新ニ之江町会のさくら公園盆踊り大会予定です。

2019年(令和元年)7月13日(土)と14日(日)。
19時から21時まで。

雨天時は中止らしいです。

2019-07-13 15.03.52











さくら公園と言ってもあちこちありますね。

ここのはずです。


間違ってたらごめんなさい。

盆踊りカレンダー

区役所にある日程をGoogleカレンダー上にまとめてみました。
祭禮と夏祭りも含まれています。


江戸川区・6つの地域。

江戸川区役所公開の地域情報です。
6つの地域に分けられているようです。

中央区
小松川地区
葛西地区
小岩地区
東部地区
鹿骨地区

江戸川区のサイトでは「6地区のイベント」を見れますが、
その中で「盆踊り」の検索をかけても実際に盆踊りが行われる日程が出てきません。
サイト内の構造が単純な階層になっておらず、
統一された構造になっていないため、
TOPで検索してもそう簡単には結果に行きつきません。

また、例えば中央区の階層、いわゆるディレクトリですが、
トップページ>くらし・手続き>地域活動・コミュニティ>江戸川地域情報局>中央区>催し・イベント情報> 中央地区町会自治会盆踊り等日程。
という形になっていますが、
小松川地区では、
トップページ>くらし・手続き>地域活動・コミュニティ>えどがわ地域情報局>小松川地区>催し・イベント情報。

ここまでで終わっています。


目的である盆踊りの日程に絞ってリンクをまとめました。

 (小松川地区の盆踊りに特化した情報はまだ見つかりません。)
 (葛西地区の盆踊りに特化した情報はまだ見つかりません。)
 (小岩地区の盆踊りに特化した情報はまだ見つかりません。)

江戸川盆踊りMAP

開催場所をマークしたGoogleマップを載せてあります。


江戸川区町名一覧

自分は江戸川区に古くからいる人間ではなく、
江戸川区のことはほとんど知りません。
地名町名を言われても自宅から徒歩30分界隈の事くらいしかわかりません。
このサイトを作るにあたってもどこがどこだかわからないため、
自分用に町名一覧を列記してみました。

一之江 イチノエ
宇喜田町  ウキタチョウ
江戸川  エドガワ
大杉  オオスギ
興宮町  オキノミヤチョウ
上一色  カミイッシキ
上篠崎  カミシノザキ
北葛西  キタカサイ
北小岩  キタコイワ
北篠崎  キタシノザキ
小松川  コマツガワ
鹿骨  シシボネ
鹿骨町  シシボネチョウ
篠崎町  シノザキマチ
下篠崎町  シモシノザキマチ
清新町  セイシンチョウ
中央  チュウオウ
中葛西  ナカカサイ
新堀  ニイホリ
西一之江  ニシイチノエ
西葛西  ニシカサイ
西小岩  ニシコイワ
西小松川町  ニシコマツガワマチ
西篠崎  ニシシノザキ
西瑞江  ニシミズエ
二之江町  ニノエチョウ
春江町  ハルエチョウ
東葛西  ヒガシカサイ
東小岩  ヒガシコイワ
東小松川  ヒガシコマツガワ
東篠崎  ヒガシシノザキ
東篠崎町  ヒガシシノザキマチ
東松本  ヒガシマツモト
東瑞江  ヒガシミズエ
平井  ヒライ
船堀  フナボリ
本一色  ホンイッシキ
松江  マツエ
松島  マツシマ
松本  マツモト
瑞江  ミズエ
南葛西  ミナミカサイ
南小岩  ミナミコイワ
南篠崎町  ミナミシノザキマチ
谷河内  ヤゴウチ
臨海町  リンカイチョウ

江戸川盆踊り

昨年別サイトに作ったのですが、
こちらに統一して今年のを作りたいと思います。


嫁が盆踊り好きな人なのですが、
ネット上での情報があまりにも少ないので昨年作りました。
そろそろ時期な事もあるし、
今年はこちらにまとめてみようかなと計画中。

不定愁訴気持ち悪い。

10月頃から起きていた、
自律神経失調症を伴うウツ。
半年が過ぎて症状がずいぶんと変化しました。

ウツの症状である焦燥感は出なくなり、
今では首肩背中の張りからくる頭痛が主な症状。
いわゆる不定愁訴というやつです。

いろいろな結果(症状)が出ているのに、
その原因がはっきりとわからないものはおおむねこれになります。

良く分からないけれどものすごく体調が悪い。
という症状の人は、
まず、自分と同じ症状の検索をかけて、
そこから近い診療方法を調べていくのが良いでしょう。

現在筋弛緩剤と抗うつ剤を服用しつつ、
接骨院での治療も始めました。

今現在首の曲がりから来ている首肩背中の張り。
これが不調の原因と考えています。

うつ病日記(笑)

うわぁ嫌なタイトル。

仕事としては体を動かす技術的な仕事が6割、
ただしテナントへの訪問、応対もあるので、
軽い接客も含まれます。
で、帰社後のPCで書類をこなすのが4割。
こんな感じです。

昨年電車で3秒ほど気を失う激痛が起きる程度に肩を壊しました。
普段使わない筋肉を酷使して重い物を持ったためです。
治ったと思っていましたが、
完全完治にはなっていないようです

8月半ばに軽く熱中症。
8月下旬に軽く熱中症。
8月30日の朝起きるときに突然平行感覚が無くなり、
5秒~10秒壁に手をついて中腰に。
その後は治ったけれどときたまめまい(平衡感覚が無くなる)が出たため耳鼻科で診察し薬服用開始。

9月中頃からかなぁ。
「めまい」とは違う感覚になってきたのは。
自分ではめまいの一環とおもっていたけど結果的に違っていたふらつき。
それが9月中頃から始まりました。

けれどそれはめまいの一環としか思っていなかったため耳鼻科への通院を続け、
出された薬を服用し続けていました。

10月に入り、
明らかに違う症状が発生。
朝は普通に起きられます。
日中に徹夜明けのようなふらつき感と眠気。
口が渇く、紙をめくるのに苦労し指紋認証がまったく働かない指のかさつき。
それまで快調だった便が粘るようになり、ゆるくなりました。

そして首の後ろの圧迫感、違和感。
胸のポケットには手帳、ペン、スマホ、ガラケーを入れてあり、
それはもう10年来続けていますが、
10月に入り以上に襟がうっとうしくなりました。
襟が重いんです。
今までまったく感じなかったことなのですが。

そして10月中旬を過ぎると、
徹夜明けのようなふらつきと睡魔にくわえ、
目がしょぼしょぼして目を開けているのが辛くなり、
朝は普通に起きられても睡眠が足りていない感覚。
睡眠障害になっていたのかもしれませんが、
7~8時間は寝ていました。
睡眠障害は実際はどうなのか不明です。
脳は測定やらなにやら調べればわかるのですが。

これに加え、
首の圧迫感、口の渇き、便通の悪化、軽い頭痛。
そして午前中はバリバリ動けても午後になり、
何がきっかかえかわからないけれど突然起きるのが、
頭痛、吐き気、冷や汗(いずれも軽いし実際には吐かない)が起きて、
立っている、座っているのもつらくなり、
横になって休まざるを得ない状態に。

さすがに何かがおかしいと思い始め、
耳鼻科、内科、総合病院を転々と、
というより数日で全てハシゴして診てもらい、
結果的に自律神経失調症を伴ううつ病だと言われ、
薬を飲んで経過観察中。

医者のハシゴをしている頃は必死だったからかな?
それまでは無かった焦燥感が今は出てきています。

まあ、仕事に行けずこの先どうなるんだろう。
という心配、不安があるのですから、
焦燥感にとらわれても不思議じゃないんですけどね。

記録をしないと忘れてしまうので、
自分のために記録として書きました。

めまいと良性発作性頭位めまい症と自律神経失調症とうつ病に至るまでで3つの事。

まず1点目。

めまいを発症し、治るどころか悪化し始めたのであちこちの病院に行くことにしましたが、
その時に問診、また問診、そして診察×行った先生の数。

毎回毎回の説明に辟易したので、
ここ数年の傷病と治療の履歴をぜんぶまとめました。
A4に1枚びっしり書き込んであります。
後々また別の病にかかることもあるかもしれません。
また、今は大丈夫な人でもそういう履歴を必要とすることがあるかもしれません。
PCが使える人はExcel等で履歴を事細かに記録し、
お薬手帳は決して無くさずに保管して、
「自分の体の記録」はきちんと記録することをお勧めします。


次に2点目。
最後に行っためまいの先生。
その道では結構有名な方です。
耳鼻咽喉科でありながら最終的に自律神経失調症を伴ううつ病。
これに行きついたのでこちらの病院です。
もちろん最初は耳と目に対してのアプローチからです。
耳鼻科の先進にうつ病ですと言われるのは驚きました。
それも検査と問診の結果から導き出した論理的と思われる話です。
カンではありません。

ここで出てくるのは自分の書いた履歴ですが、
結構良く目を通してくださいまして、
この履歴も結論に至るきっかけになったのかもしれません。

10年以上前にもうつ病を患ってますが、
それも記載してあります。
その後の内科的疾患は年月日と症状、病名、病院、薬。
治癒までの期間。
大部分を列記しました。
これも効果があった。
のかもしれません。

3点目。
セカンドオピニオンは複数の病院、科をまたぐというと、
最初の先生に対して失礼に感じて控える方もいると思います。

今回4つの病院、6人の先生に診ていただくにあたり、
その話をして並行してどういう薬をもらったかも、
お詫びをしつつ話しましたが、
特にどうということもなく、
話して良いですよという返答でした。

かかりつけの先生に言いにくければ言わんで良いのですよ。
そのまま別の病院に行き診てもらって、
治れば儲けで良いのではないでしょうか。

今回自分は数日間で4つの病院と6人の先生に診てもらいましたが、
結果を確認することが出来て良かったです。
苦しいのは自分ですから。
先生ではないのですから。


nend
  • ライブドアブログ