クウにょさん日記

日々の雑記と備忘録と仕事とお金と病気と盆踊り。

三菱ディンゴGF-CQ2A タコメーター取り付け。

うちのディンゴGF-CQ2Aは相当古い車です。
20年物です。
そして普通の乗用車ですのでタコメーターは付いてません。
そもそも「普通の乗用車にタコメーターなんぞ不用」
が持論です。

昨年の車検でライト光量と排気ガスを指摘されています。
もしかしたら車検通らないかもと。

それでエンジンを少しで綺麗に出来ないかなと。
わこーずれっくすとかひゅーえるわんとかばーだるとか、なんかいろいろあるそうです。
ちょっとやってみようかなと。

だがしかし、
それやってどこがどう変わったのかが分からないのでは?
という事でタコメーターを取り付けようと画策しました。

ところがです!
不人気車のこいつはディンゴはあまりにも情報が無さすぎる!

「ディンゴ、ミラージュディンゴ、CQ2A、タコメータ、回転計、回転信号、、tacho、tacho信号、ta信号、rpm、rpm信号、ECU、取り出し」
まだあったかもしれません、
思いつく限りのキーワードで調べつくしてたどり着いたのが、
ECUから回転信号を引き出し昇圧してタコメーターに接続する。
というものでした。

当然みんカラの皆さんの記事も参考にしております。
ですが1~10まで並んだ形ではありませんので、
点在する情報を元に取り付けていきました。

取り付けと電源とイルミの配線は割愛します。
あとからタコつけようなんて人にはいまさらですから。

タコメーターは果たして動くかどうかも分からないので、
Amazonで一番安い2000円のを買いました。

KKmoon タコメーターゲージ 0-8000RPM 3.75 " ターボブースト (4気筒、6気筒、8気筒エンジン用) ホワイトインターシフトライト

新品価格
¥2,000から
(2019/9/21 06:16時点)



2インチサイズが欲しかったのですが、
そのサイズだと4000円以上するので却下です。
3.75インチ10センチ近いデカイ物が届きました。

2019-09-07 17.39.10










2019-09-07 17.39.22











2019-09-07 17.40.31











添付の説明書がこれ。

2019-09-06 20.20.03






























さて問題の回転信号取り出しです。
OBEでも対応してればまだいくらか救いもあるでしょうが、
年式的には「ほぼ対象」となっているのにうちのはその「ほぼ」の枠外です。

相当な場所を調べまくって一か所だけ「それ」が記載されているところを発見しました。

http://www.apexi.co.jp/pdf/products/safc2_haisen.pdf
ここの48ページのM3-a。
これがECUの回転信号位置だとわかりました。
というか、たぶんそうじゃないか状態。

次にディンゴのECUの場所ですがコンソール真ん中の一番下。
CDデッキやシガーソケットや灰皿のすぐ下、
以前掃除したエバポレータの真下です。

奥まった所の配線の並びを調べて結線できるところまでたどります。
古い車のコネクタを抜くのははっきり言って怖いですから。
線をたどって結線できるところで接続します。

2019-09-08 12.37.35










2019-09-08 12.37.29










2019-09-08 12.42.57

































Screenshot_20190902-212746












これに準じて繋いでいきました。
だがしかし、
電源、イルミ、回転信号をつないでも回りませんでした。
オープニングの回転はするんですが0のまま。
さて、どこが間違っていたのでしょうか。
1・回転信号Pinの位置が違う。
2・そもそもECUから取り出せない。
3・エンジンルームのどこかから取るしかない。
4・それ以外。
5・やっぱつけられない。

ここからさらに検索しまくり、
「4・それ以外」の理由と仮定しました。

古い三菱車は信号の電圧が低く電気式タコメーターで認識しないとの情報があります。
この信号を昇圧すれば克服できるとの事なので、
ちょうど秋葉原に寄るという友人に10KΩの抵抗を買ってきてもらいこれを接続。
これで動かなければまた別の手段です。

抵抗の両端に電線をハンダで接続。
絶縁はビニールテープです。
収縮チューブは使ってません。

この電線の片側はECUの回転信号の線に接続します。
ハンダが使えればハンダで揚げたほうが良いでしょう。
反対側には12Vがかかるように接続します。

ちなみにバックライトであるイルミの電源はめんどくさいので、
本体の電源と同じにつないでありますので昼間でも常時点灯です。
回転信号増幅の12Vもそこに繋ぎました。
イグニッションONで通電する配線は3本という事です。

2019-09-14 20.06.59










2019-09-14 20.19.56.jpg-2.jpg-2










車検の時に外せるようにエーモンのギボシ端子でつないであります。
配線接続中の写真。
この部分はドア下照明やドライブレコーダや天井に取り付けたナビへの電源やソーラー充電器の配線やらですごいことになっています。


2019-09-16 12.09.51



















2019-09-16 12.42.59
















 
見事に動くようになりました。
カクカク動きますが問題ありません。
「今何回転くらいか」が分かれば十分です。

構想から約1ヶ月かかりましたが、
なんとかタコメーターをつけることが出来ました。

やれやれ。


三菱ディンゴGF-CQ2A アクチュエーター交換。

うちのディンゴGF-CQ2Aは相当古い車です。
20年物です

運転席側ドアのリモコンが効かなくなったので、
ドアロックを解施錠するための部品。
アクチュエーターの交換を行いました。

リビルトといって解体車などから外した部品を整備して販売されている品物です。
モノタロウで1万4000円で新品がありますが、
リビルト品2000円の物を買いました。
(送料別)

ドア内張を剥がした後にまず電源コネクターを抜きます。
次にドアハンドルと繋がっている、、、、、棒(笑)を外します。

2019-09-08 09.28.10











2019-09-08 09.36.21










2019-09-08 09.36.48











緑のプラパーツを壊さないように写真のようにクルっと回して棒を引き抜きます。
似たようなのがアクチュエータ本体にもありドアノブと繋がってますから、
これも抜きます。
ドアノブと繋がっているワイヤーも、同じような部品で固定されているので、
これも回してワイヤーを抜きます。

アクチュエータ手前に窓のレールがありこのままでは外せないので、
レールを固定しているボルトを外してレールを外します

2019-09-08 10.46.39












2019-09-08 10.47.02











2019-09-08 10.47.06











アクチュエータ本体はドア側面に平ビス3本で固定されているのでこれを緩めます。

2019-09-15 10.43.53











一気に外すと部品がドアの中に落ちるので、
3本緩めてからは片手で部品を持ちながら外しましょう。
当たり前ではありますが念のため。

あとは逆の順番で交換していけばオケ。

さて全部組みあがって内張はまだ外したまま試験です。
なんと!
リモコンがまったく動作しません!!!
交換するまでは動いていた後部も助手席も動きません!!!

なんということでしょう!!!

原因は、、、
後部ハッチが半ドアでした。。。
あわゆくリモコンのリセットや、また分解やらをしてしまうところでした。
あぶねー。

あとは一部破いたビニールを(なるべく)綺麗に貼り直して、
内張を戻して完了です。

ちなみにレギュレータやアクチュエータもそうですが、
交換した元の部品は購入先に聞いたうえで送る必要がある場合があります。
うちのはまあ、需要が無いでしょうが、
古い車の部品は必要とする人がいますから、
リビルトの部品として送ることも考えておきましょう。


録画した番組を外出先で視聴。

うちの録画機器は、
パナソニックDMR-BRW1050.1TB2チューナー。
購入時の価格は33,913円でした。


パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 おうちクラウドDIGA DMR-BRW1050

新品価格
¥39,890から
(2019/9/15 07:26時点)



これに至った理由は外出先で見れるからです。

うちが契約している視聴状態は、
アマゾンプライムビデオとスカパーです。
アマゾンプライムは送料無料のついででしかありません。
他のオンデマンドにすればもっとたくさんの物が見れるのですが、
スカパー(約月5000円)にしているのはディスクに残せるから。
この1点の理由でオンデマンドではなくスカパーにしています。

スカパー本体では編集機能はありませんが、
HDDレコーダーへダビングすれば編集が出来ますので、
不要なCMのカットや好きなシーンだけをまとめディスクの作成が出来ます。
実際「銀魂」のギャグシーンだけをまとめた物や、
「頭文字D」のバトル場面だけに編集したものを作って楽しんでます。
そのためのスカパーです。
通常のオンデマンドでは出来ません。

現在のスカパーはコピーワンスなので1つの番組は複製は出来ませんから、
編集は最低2度やるわけです。
はっきり言って大変です。
ですがそのあとのお楽しみのためですから致し方ありません。

編集したものの一つはHDD側に残しておくわけですが、
この録画した物はインターネット回線を使ってスマホあるいはタブレットで見れるわけです。
他のメーカーで有料サービスでの物もありましたので、
無料でそれが出来るパナソニックにしました。

車で出かけることが多い私らですが、
車中では基本ラジオや音楽よりテレビがメインです。
遠くへ出かけたときは車中で休憩することもあります。
そういう時にこの機能が役立つわけです。

家に録画してある編集済の好きな番組を遥か遠くの車の中で見る。
自分としては、この環境にはとても満足しています。

もうひとつ機能があり、
出先でたまたま知った番組を録画予約する事も出来ます。
まあ、地デジに限りますが。

泊り、あるいは遠くにで出かけている最中に、
とても見たいテレビを知っても普通はあきらめるしかありませんが、
スマホで録画予約も出来るので安心です。







墓石を50万円以下で。

そろそろ墓をと考えたきっかけが墓碑のぐらつき。
父親は15歳の時に、
母親は約15年前に亡くなっており、
木製墓碑のままでした。
そろそろ石でと考え始めたきっかけは木製墓碑の根元の腐食からくるぐらつき。

さて、どうしましょう。
お金が問題です。
ネットで調べると50万以下での墓石が出てきます。
お墓なんて(墓石なんて)百万、数百万としか認識してませんから、
いまはネットでこういうのあるし安いな~。
などと思い今年のお盆の時に御住職に相談してみました。

昔お付き合いのあった人のお寺などでは、
これこれこういうのは、はい〇百万円で、
とかお寺が決めて「払うように」と言ってくるお寺だと聞きました。

私がお世話になっているこのお寺はまったくそういうのはありません。
「お気持ち」でと数字は言ってくれません。
ちなみに墓所は当時(数十年前)5万でした。
そういうお寺の御住職に聞いてみました。
ネット経由で地元の石屋さんではない人に頼んでも良いか?と。

お寺というのは諸般の都合でお付き合いのある石屋さんでないとダメというのもありますからね。
うちのお寺さんではそういうのはありませんでしたし、
さらにとある石屋さんを紹介してくれました。

ご住職が電話すると近くにいるからすぐ来ると。
早っ!
電話が終わって、では墓に花と線香でもと墓所に行って5分ほどしたら石屋さんが来ました。
早っ!

まず頭をよぎったのが、
こちらの考えている予算を口に出したら、
「じゃっ」って手を挙げて帰られてしまうんじゃないかと。

一応希望の予算を離してみたらあらびっくり。
それぞれの予算に合わせてお作りしますよ。と。
マジすか!?

こちらの予算を話すとそれで見積もりを作りましょうとなりました。
そして届いた見積もり金額は444,300円(税別)
ステンレス卒塔婆縦字彫込み墓誌と外柵一色が入った洋型。
完全に全て一式でのお値段です。
もちろん、
金額に合わせた「石」というのは理解しています。
ツルツルでピカピカで豪華な墓石なんて考えてませんから。

まだ発注という段階には行ってません。
ですがこれで決めようと思います。

思い込みで伸ばし伸ばしにしてた墓石でしたが、
思わぬタイミングで話が進みそうです。
しかも思ってもいなかった予算で。

もし同じように考えて躊躇している方がいたら、
ネットでどうのの前に、
一度ご住職に相談するべきだと思います。

三菱ディンゴGF-CQ2A エバポレータ清掃。

エバポレータ凍結が発覚してやっと時間が確保できたので、
エバポレータの清掃です。

組んだグローブボックスと内装をまた分解します。

ここで使うのは家庭用のエアコン洗浄用スプレー缶。
税込み約700円。
本当は自動車専用があるんですが予算の都合でこれです。

2019-09-01 09.16.29











このままでは奥まで届きませんが、
先人たちの知恵をお借りしてネットで検索した情報を元にちょっと加工します。
650円で買ったシリコンホースと、
会社から<s>くすねて</s>貰ってきた2.0mmのIV電線を使います。
スプレー缶のノズルの太さに合わせたチューブを差し込んで、
チューブの先端ビニールテープを少しだけよーく巻き付けて、
残りはクルクルそれなりに巻いて行きます。

2019-09-01 09.16.09











2019-09-01 10.05.51










簡易なフレキシブルチューブの完成です。
先端はラジオペンチでクイっと曲げれば90度の角度くらいで噴き出せます。
コストは材料費約1,400円人件費0円。

2019-09-01 10.11.42










2019-09-01 10.11.48











片手でよーく振りながら片手で位置を合わせつつ吹き込んでいきますが、
最初のひと吹きの時点で気が付きました。
あまりにもホコリの堆積がひどすぎる!
そのため元々持ってた100均の霧吹きとブラシ(歯ブラシみたいな形で柄が長い形のやつ)で
ホコリをある程度掃除してから吹き付けました。

2本使いきったあと10分くらい放置して、
霧吹きで水を吹き込みつつブラシで掃除。

2019-09-01 10.43.46












で、これが掃除前と掃除後。

2019-09-01 10.10.29










2019-09-01 10.43.14











2019-09-01 10.43.26











かなり苦労しましたが、
かなり綺麗になりました。
やっぱフィルターつけなきゃだな。
以前グローブボックス外して穴だけは開けてあったんですけどね。
金の都合で後回ししてたけど仕方ない、買うか。

2019-09-01 10.42.31










三菱ディンゴGF-CQ2A アクチュエーター不良。

うちのディンゴGF-CQ2Aは相当古い車です。
20年物です。

一応リモコンドアロックです。
運転席側が数年前から調子悪く、
雨の日はリモコンで解施錠が出来なくなっていましたが、
とうとう動かなくなりました。

またドアの内張を剥がします。
レギュレータ交換でもう手慣れたものです。

ワイヤーは切れてません。
ドアを開けたままですが、
背後のドラスイッチを手で押したままリモコンを押しても、
ウンともスンともニンともしません。
端子の電圧は、、、。
暑くてめんどくさいのでもう測ることもやめました。

部品検索にはパーツファンがとても便利ですので、
ここで早速検索。
型番が分かったので販売中を調べるとヤフオクでリビルトが2つだけ出ています。
速攻ゲト。
型番はMR462868
ちなみにモノタロウで新品もあります。
1万4000円です。
迷うことなくリビルト2000円を買います。


到着まで時間がかかるので、また内張は剥がしたままです。

2019-09-08 09.28.10

三菱ディンゴGF-CQ2A エバポレータ凍結。

うちのディンゴGF-CQ2Aは相当古い車です。
20年物です。

先日レギュレータの交換が終わりやれやれとなった次の日。
エアコンが効かなくなりました。
真夏のまっただなか、
冷気がまったく出ません。
一旦エンジンを止める事30分、
再起動をかけると冷気が吹き出し始めました。
ですが4~50分も走るとまた冷風は出てこなくなりました。

いつもお世話になっている自動車屋さんに見てもらったところ、
エバ凍結ですね、おそらく。との返事。

後に自分で分解して確認しましたが、
さすがプロはすごい!
その通りです。
症状と音でその判断をするんですから。

で、そのエバポレータ部分ですが、
翌日見てみました。

助手席側のグローブボックスを外します。

2019-08-27 10.47.25









向かって右のこのピンを外します。


2019-08-27 10.48.47











向かって左側は外せないので力まかせでゆがませて完全に開くようにします。

2019-08-27 10.49.46











2019-08-27 10.50.16











ブロワモーターとエバポレーターの間のダクトは下半分に分割出来ますので、
これを外します。

2019-08-27 11.12.44











するとエバポレーターを覗くことが出来ます。
見事に凍っています。
しかも凍ってない部分は真っ黒です。

2019-08-27 11.12.50











2019-08-27 11.13.16












ここで1時間ほどエンジンを停止させてみますと、
氷は溶けております。
それがこの状態。
ホコリやらなにやらで真っ黒クロスケです。

2019-08-27 12.42.23











本日は確認まで、
掃除は時間もかかりあすから朝から行わなければなりません。
本日は一旦閉じて、
掃除道具を用意してまたいずれかの日に。

土建まつりがやってくる。(パンフレット追記)

土建まつりです。
盆踊りに来る人々の間で噂だけされていて、
少なくともインターネットの世界には、
過去のはたくさんあっても今年の事についてまったくなんにも情報がなかった、
東京土建まつりがやってきます。

2019年8月31日(土)午後6時~9時。
2019年9月1日(日)午前10時~午後3時。


盆踊り自体は土曜日の31日にやるようですが、
9月1日の日曜日には盆踊りがあるのかが不明です。
日曜日はどうも普通のお祭りのようです。

場所は船堀スポーツ公園
江戸川区船堀6-6

人はかなりたくさん来るようです。
噂を聞いているだけなので本番が楽しみ(嫁が)です。

追記:
当日配布されていたパンフレットが出てきたので、
これをアップします。
これを貰った時に確認したのは、
二日目には盆踊りはやらない。
というのを確認したそうですので、
来年の2020年(令和2年)もおそらく盆踊りは初日だけだと思います。

土建まつり01












土建まつり02



じゃらんnetで予約して宿泊したキングアンバサダーホテルがキンカ堂A館だった事。

お盆の帰省で宿泊した熊谷のキングアンバサダーホテル。
到着してから思い出しました。
遥か昔にキンカ堂A館があった所だ!




2019-08-26 08.20.26











懐かしいですね~。
このホテルの場所には昔キンカ堂A館があって、
裏手には道路を挟んでB館がありました。
B館の跡地は今は広い一車場になっています。

埼玉県熊谷には、
今でも残る八木橋のほかに、
ニチイとキンカ堂もあり子供の頃にはよく行っておりました。
また八木橋の隣んある仏具のカノーヤの屋上には、
なんと観覧車があったのでした。
いまでもその橋脚跡は残っており道路からも見ることが出来ます。


三菱ディンゴGF-CQ2Aレギュレータ交換

うちのディンゴGF-CQ2Aは相当古い車です。
20年物です。
不人気車です。

それがどういうことかというと、
たとえ新品でもリビルト品でも部品の入手が困難という事。

レギュレータの部品型式はMR462026という型番なんですが、
これがいくら探してもなかなか見つからない。

ディンゴ パワーウインド
ディンゴ PW
CQ2A パワーウインド
CQ2A PW
このキーワードではみつかりませんので、
型番で探してみた所やっとなんとか楽天のリビルト品販売店で2つ見つかりました。


ここまでが前回の記事。

注文したのがお盆休みの最中だったので結局到着まで10日かかりましたが、
なんとか入手。

ちなみに型番はここに書かれています。

2019-08-24 12.16.58










左が古いレギュレータ。
右が新しい(リビルト品)レギュレータ。

2019-08-24 11.27.46










窓ガラスとレギュレータを分離しますが、
ビス穴が外せる位置にガラスを下げていったんテープで固定します。
ガムテープ(布テープ)だと粘着剤が醜く残ってしまうので養生テープを使います

2019-08-24 11.15.09































2019-08-24 11.23.17






























前側と後ろ側に縦方向に貼ります。
これでがっちり固定。
次にガラスを止めてあるビスを外したら窓を一番上に上げてまたテープで固定。

固定ビスの位置。

2019-08-24 11.18.20










で、7ケ所ほど固定してあるボルトを外して引き抜いて、
交換して固定してまた窓を下げてガラスを固定してコネクターを戻して、で終了。


2019-08-24 11.18.12










リビルト品が合うかが心配でしたが穴位置他合致しまして正常に動作となりました。

ところで車の部品というのが実にやっかいで、
同じ型番で同じ物ではあったんですが、
年式違いなためでしょう。
改良が施されている物でして、
窓ガラスとレギュレータのワイヤーが動作時に干渉しないように(当たらないように)するための部品が付いていました。
この写真のワイヤーについているプラパーツ。

2019-08-24 11.27.46-2


















ですがうちのにはこれを付けるための穴がありません。
しかたないのでこのプラパーツは外しています。
あとでまた内張を剥がしてドリルで穴を開けて付けましょうかね。


nend
  • ライブドアブログ